share article

排気ガス処理

ディーゼル排気システムの強化のためのシェリー耐熱ボアスコープ


健康に害のあるディーゼル車の排出ガス窒素酸化物(NOx)は、例えばAdBlueⓇのような尿素溶液の助けを借りて、低減するこができます。いわゆる排気ガス処理中に、尿素溶液をディーゼル車及びトラックに注入します。その際、シェリーの耐熱ボアスコープを用いて、注入の様子を観察することができます。

AdBlueⓇの正確な注入量は、個々のエンジンの窒素酸化物の排出量によって、調節しなくてはなりません。このため、排気システムの研究者や開発者は慎重にAdBlueⓇの注入プロセスを研究しています。もし注入量が少なすぎると、法定で定められた排気レベルに低減できず、注入量が多すぎると、窒素酸化物を処理するSCR触媒コンバータに付着し、目詰まりを起こしてしまいます。シェリー耐熱ボアスコープを用いることで、尿素溶液注入の観察を、異なる温度と動作条件の中で可能にしました。

シェリーの耐熱ボアスコープは、お客様の仕様に沿って作成する完全カスタムの特注品です。最大2000℃まで耐えることができ、自動車産業のみならず、ガラスや金属、食品産業にも使用されています。長年にわたるお客様への供給により、ノウハウを蓄積しております。

 
耐熱ボアスコープのお問い合わせは、シェリー株式会社まで。
Email: [email protected]
TEL: 048-749-9001