share article

SCHÖLLYはサプライチェーンを最適化し、新しい生産能力に投資します

過去数年間におけるSCHÖLLYFIBEROPTIC GMBHの大きな成功と、それに起因する着実な需要の拡大は、新たな投資を可能にします。この成長に会社を合わせるために、SCHÖLLYは、いわゆるエンドツーエンドのアプローチ - 顧客から顧客へのアプローチを考慮して、サプライチェーンを最適化するための対策を講じました。これに関連して、容量を増加させるための最初の方策は、本社工場とブルガリア工場の生産で実行されました。さらに、初めてサプライチェーンが継続的で統一されたグループ全体の責任にまとめられました。

 

news_schoelly_investiert_02.jpg

より効率的な柔軟な生産理念

ワンピースフロー生産で生産能力を3倍に

より早いリードタイムを達成し、需要をより強く志向した生産を実行し、顧客の要望により柔軟に対応できるように、SCHÖLLYは生産の一部を本社工場でのワンピースフロー生産に切り替えました。このシステムでは、個々の製品は中間保管なしに必要なすべての製造工程を経て実行されます。生産作業場は、さらなる変化にすばやく適応できるように設定されています。たとえば、カメラ製造の分野では、SCHÖLLYはこのプロセスを使用して生産能力を3倍にすることができました。

 

news_schoelly_investiert_03.jpg

より多くの生産能力

ブルガリアの敷地で8,000平方メートルに拡張

増加する顧客需要を満たすために、SCHÖLLYはブルガリアでの生産を拡大しました。最初のステップで、生産面積は8000平方メートルに倍増しました。完成した建物は総面積12,000㎡で、現在は無菌製品が生産される近代的なクリーンルームのためのスペースも提供しています。新しい生産拠点は2018年12月から稼働しています。今後数ヶ月のうちに、製品は追加の拠点に転送されます。この対策は、例えば腹腔鏡の製造にプラスの効果をもたらしました。この製造ラインの毎週のアプトプットを2倍にすることが可能になりました。ブルガリアの工場では、本社工場と同じ基準で生産が行われます。柔軟な生産理念がここでも基盤を形成しました。生産能力の向上とプロセスの最適化により、SCHÖLLYはサプライチェーンの効率性を向上させ、その結果、持続的に顧客の成長を支えることができます。

 

news_schoelly_investiert_04.jpg

エンドツーエンド - 顧客から顧客へ

性能向上のための中心的な役割としてのサプライチェーン

新しい生産理念の統合と新しい生産能力の創出は、SCHÖLLYのエンドツーエンドのアプローチにとって重要な条件です。これは、顧客のニーズからサービスの提供までのすべての手順が可能な限り調整され、顧客を対象としていることを規定しています。ここでは、SCHÖLLYのサプライチェーンが中心的な役割を果たしています。初めて、この調整の責任が統一され、グループ全体で統合されました。

 

news_schoelly_investiert_05.jpg

サプライチェーン副社長

シェリーは、グループ全体のサプライチェーンに焦点を当てています

Rolf Winterhoff博士は、2019年4月からSCHÖLLYのサプライチェーン担当副社長を務めています。エンドツーエンドのアプローチに従って、サプライチェーンの世界規模での最適化とそれに関連するプロセスの再編成を担当しています。